Step by Step!

logicbaseのブログ

5Gの講演を聴いてきました。

f:id:logicbase:20200131125943j:plain

電波利用活用セミナー2020 in 新潟 〜いよいよ始動、見て、聞いて、5Gを体験しよう!〜

 

2020年春から順次サービスが開始される5Gについて講演を聴いてきました。

 

5Gの特徴:「高速・大容量」「低遅延」「多数端末との接続」

ローカル5G:地域企業や自治体などが限られた場所や用途で活用する5Gのこと。5Gのラストワンマイルとしての用途など。

 

5G事業者(docomoKDDISoftBank)からは遠隔医療、建機の自動運転の事例が紹介された。が、現状では各社とも5Gの上でどんなサービスを提供したら良いか頭を悩ませているようです。

 

講演のタイトルは”体験しよう”となっていますが新潟では5Gのサービスは始まってなく体験できず。
遠隔医療が必要とされる離島や山間部に5Gのインフラを整備するには大幅なコストダウンが必要ですね。
メディア等では5Gの盛り上がりを伝えてはいるが現状ままだまだといったところです。

 

 

 

 

Microsoft Teamsのアカウント要求を止める方法

最近、Windowsを起動するとMicrosoft Teamsがアカウントを要求してきます。

f:id:logicbase:20191016124531p:plain

Microsoft Teams

 

毎回閉じるのが面倒なので表示されないようにしました。

1.タスクマネージャーを起動します。

f:id:logicbase:20191016124818p:plain

タスクマネージャー

2.Microsoft Teamsが「有効」になっています。選択して「無効にする」ボタンをクリックします。あとは、Windowsを再起動。

 

これだけ。

 

カンボジアでSIMを買った話

カンボジアに行ってきました。

現地でもインターネットは必須ですね。

 

プノンペン空港を出たところにSIMカード屋さんが並んでいます。

f:id:logicbase:20190919190559j:plain

プノンペン空港前のSIM屋さん

 

現地でもっともシェアがある「Smart」でSIMを買いました。

なんと6USDで21GBです。(速度は300kbpsくらい)

 

スマフォと6USDとパスポートをお店のお兄さんに渡すとチャチャチャッと3分程度でSIMを入れ替えてスマフォを渡してくれました。

 

成田空港で売っているSIMだと10GBで7,000円とかなので、カンボジアのSIMは安いですね〜。いや日本が高すぎるのか(^^;

 

 

 

 

 

 

平成31年度はいつまでか・・・

2019年5月1日から新しい元号「令和」になります。

IT業界では改元に伴いシステムの改修が必要ですが、問題無く動作しているシステムに手を加えるのは正直やりなくないですね。

 

さて、「平成31年度っていつまでか?」って悩ましい問題があります。

2019年4月30日まで?、それとも2020年3月31日まで?

 

先日、政府発表がありました。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000612239.pdf

「国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降は「令和元年度」とすること」

  

なので、2019年4月30日までが『平成31年度』、2019年5月1日以降は『令和元年度』とするのが基本的考え方のようです。

ただし、「国の予算における会計年度の名称については」とあるのですべてが『令和元年度』になるかは組織や団体によると思われます。

 

 

 

Laravelをイントラネットで使ったときに起きたお話

Laravel5.7で作ったシステム on イントラネットのお話。

 

開発環境では問題無い表示速度で動作していたのに、実環境(イントラネット、かつセキュリティ上インターネットに繋げていない)でお話にならないくらいページ表示が遅い!

f:id:logicbase:20190325184308p:plain

Chromeデベロッパー・ツールで調べて見たら、「Google Fonts」を使っている箇所でTIME OUTが発生している!

 

「そりゃ〜、インターネットに繋がってなきゃTIME OUTになるわな」と、

Google Fonts」を利用している箇所をコメントにしてみました。

 public/css/app.css

resources/sass/app.scss

view/layouts/app.blade.php

(LaravelではデフォでGoogle Fontsを使うようになっている?!)

 

無事、ページ表示の速度は問題なく上手くいきました。

 

 

 

 

「AWS IoT Enterprise Button」でこんなモノ作ってみました。

AWS IoT Enterprise Button」です。(「Amazon Dash Button」のプレーンなヤツです)

f:id:logicbase:20181017140643j:plain

 

このままでは何もできないのでお遊びレベルですが、こんなモノを作ってみました。

youtu.be

 

IoTボタンはWiFiアクセスポイントとつながっています。

IoTボタンをクリックするとインターネットを介してLINE通知されます。(IoTボタン → AWS Lambda → LINE)

またIoTボタンを長押しするとTwilio音声通知サービスで着信・テキスト読み込みでメッセージ通知されます。(IoTボタン → AWS Lambda → Twilio)

 

これ、体が不自由な方が「一人でいて体がヤバイ時ってスマフォで電話帳開いて電話かけるって簡単なことができないんだよ。ワンアクションで連絡できる端末ってないかなぁ」という声をもとに作ってみたんです。

 

また、核家族、共働きの家庭で小学校の子供が学校から帰ってきたときにIoTボタンを「ポチッ」と押すと家族LINEに「いま帰ったよ〜」ってメッセージされるとか。

 

他にも何かに使えないかなぁ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンイノベーション!

従来の自前主義(クローズドイノベーション)に代わり、組織外のリソース(知識、技術、人脈など)を積極的に取り込むオープンイノベーションが重要視されています。

ITの急激な発展で競争構造が日々激変し新たな市場価値を創り出すためには自社内だけではもはや対応はできません。

弊社も㈱ONE様、㈱高文様と連携しお互いの強みを結集してオープンイノベーションに取り組んでいます。

openblocks.plathome.co.jp

本システムについてのお問い合わせは株式会社高文 事業開発部様まで。

高文 | ネットワーク機器・通信機器