読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Step by Step!

logicbaseのブログ

RaspberryPi3で「ゼロから作る DeepLearning」

少し話題になった本を読んでいます。

f:id:logicbase:20170520144804p:plain

サンプルコードがPythonで掲載されてますがラズパイで実行すると簡単ですね。

グラフ描画のためにライブラリ(Matplotlib)が必要です。

 

import matplotlib.pyplot as plt

コード中の↑の箇所でエラーになったのでpython3-matplotlibをインストールして解消しました。

$ sudo apt-get install python3-matplotlib

f:id:logicbase:20170520144818p:plain

 グラフ表示できました(^^)

macOS Sierra に「Ruby on Rails」の環境を作ってみた

f:id:logicbase:20170121155030p:plain

MacmacOS Sierra)にRuby on Railsをインストールしたときの備忘録。

◆参考サイト
http://www.chi-kun.com/entry/2016/07/11/201623


MacのCommand Line ToolはDeveloperサイトからパッケージをDLしてインストールした
https://developer.apple.com/downloads/index.action

brew doctorでWarningがいっぱいでた
(対処方法を記載した↓のサイトが役立った)
http://www.task-notes.com/entry/20141223/1419324649

・インストールしたRubyのバージョンは、2.4.0
(後に、2.2.2をインストールすることになる・・・)

・インストールしたRubyのバージョン確認は、
$rbenv versions

railsをインストールする
$gem install rails --version "5.0.0" --no-rdoc --no-ri

ところが、
ERROR:  While executing gem ... (Gem::FilePermissionError)
    You don't have write permissions for the /Library/Ruby/Gems/2.0.0 directory.
    
sudoをつければいいという記事があり、
$sudo gem install rails --version "5.0.0" --no-rdoc --no-ri

今度は、    
Fetching: activesupport-5.0.0.gem (100%)
ERROR:  Error installing rails:
    activesupport requires Ruby version >= 2.2.2.
    
Ruby 2.4.0じゃだめかと思い、2.2.2をインストールした。
(参考サイト:http://blog.integrityworks.co.jp/2016/09/12/1978/
$rbenv install 2.2.2

標準でRuby 2.2.2を設定
$rbenf gloval 2.2.2

再度、トライする
$sudo gem install rails --version "5.0.0" --no-rdoc --no-ri

出来たっぽいのでバージョン確認
$rails -v
Rails 5.0.0


環境づくり成功!




・つづけて、Railsアプリをつくってみる!
$mkdir rails

$cd rails

$rails new sample

Errno::EACCES: Permission denied @ dir_s_mkdir -
/Users/higuchiakio/.rbenv/versions/2.2.2/lib/ruby/gems/2.2.0/extensions/x86_64-darwin-16/2.2.0-static/byebug-9.0.6
An error occurred while installing byebug (9.0.6), and Bundler cannot continue.
Make sure that `gem install byebug -v '9.0.6'` succeeds before bundling.
         run  bundle exec spring binstub --all
bundler: command not found: spring
Install missing gem executables with `bundle install`

エラーだ・・・
Permissionのエラーみたいなので、sudoを付けてみた。

$sudo rails new sample


ちょっと進んだが、まだエラーがでる・・・
Bundle complete! 15 Gemfile dependencies, 62 gems now installed.
Use `bundle show [gemname]` to see where a bundled gem is installed.
         run  bundle exec spring binstub --all
bundler: command not found: spring
Install missing gem executables with `bundle install`


bundle installが行われないようにいったんスキップして再度実行するという記事があったので、skip-bundleのオプションをつけてみた
(参考サイト:http://syaka-syaka.blogspot.jp/2014/08/rails-new.html

$sudo rails new sample --skip-bundle

おっ!正常終了だ!


$cd sample

$rails s
エラーだ・・・
There was an error while trying to write to `/Users/higuchiakio/rails/sample/Gemfile.lock`. It is likely that you need to grant write permissions for that path.

またPermissionなんとかとでているので
$sudo rails s

=> Booting Puma
=> Rails 5.0.1 application starting in development on http://localhost:3000
=> Run `rails server -h` for more startup options
Puma starting in single mode...
* Version 3.6.2 (ruby 2.2.2-p95), codename: Sleepy Sunday Serenity
* Min threads: 5, max threads: 5
* Environment: development
* Listening on tcp://localhost:3000
Use Ctrl-C to stop
Started GET "/" for ::1 at 2017-01-20 20:14:09 +0900

うまくいったぞ!

http://localhost:3000にアクセスする!

f:id:logicbase:20170121155030p:plain


めでたくRailsのWelcomeメッセージ画面が表示されたのでありました(^^)v


木曽路はすべて山の中でした。

今週は名古屋出張。振り子式車両の「ワイドビューしなの」に乗り長野まわりで行ってきました。

f:id:logicbase:20161217132653j:plain

ワイドビューです。

f:id:logicbase:20161217132701j:plain

長野駅を出発してしばらくすると日本三大車窓のひとつ、善光寺平と千曲川を左手にみることができます。(アッと言うまです)
松本駅付近では雪を冠った中央アルプス塩尻駅を過ぎ木曽路に入るとまさに島崎藤村『夜明け前』の書き出し「木曽路はすべて山の中である。」そのものの風景の中を走ります。
木曽福島駅を過ぎると浦島太郎伝説の「寝覚の床」が一瞬見えます。(上り電車からはほぼ見逃します。下り電車から一瞬見えました。)
f:id:logicbase:20161217132711j:plain

木曽路の美しい風景を車窓から堪能できました。

PICAM360を触ってみた

Raspberry Piベースのオープンソース360°パノラマカメラ「PICAM360」を触ってみました。

f:id:logicbase:20161203171607j:plain

ファームは↓よりDL。

http://www.picam360.com/preconfigured-image/picam360_20161025.dump.gz

 

解凍すると、picam360_20161025.dump ができるので「Win32DiskImager」を使ってSDカードへ書き込みます。

 

書き込みが終わったら、SDカードをラズパイへ挿して、電源ONします。

起動後、つぎのコマンドをたたくと映像が見れました。

 

$ sudo killall node

$ sudo killall raspivid

$ raspivid -t 0 -w 1440 -h 1440

f:id:logicbase:20161203171613j:plain

 

ラズパイ電源ONでPICAM360のビューワを自動起動したい場合は、

$ cd ~

$ mkdir bin

$ vi bin/picam360.sh

以下を記述します。

#!/bin/sh

sudo killall node

sudo killall raspivid

raspivid -t 0 -w 1440 -h 1440

 

/etc/rc.localは exit 0の行の前に、

sudo -u pi /home/pi/bin/picam360.sh

を記述します。

 

 

以上。

広告を非表示にする

格安SIMに乗り換えて・・・

f:id:logicbase:20161102155335p:plain

格安SIMのFREETELに乗り換えました。

とにかく料金が安いです!

乗り換え前(a社ユーザでした)は毎月約8千円〜1万円ちょっと(端末分割代金含む)かかっていたのが、FREETELの10月利用料金はナント、2,079円(11/2時点で未確定)です。この料金にはdocomo SIM発行料の394円も含まれているので実質の利用料金は1,685円とびっくりするような金額です(@@)

 

通信速度もストレスの無いスピードで十分使えます。ただし節約モード設定をONにするとだいぶ遅いですね。(イライラします)

 

これだけ通信料金が安いともっと節約したくなります。

屋外にいるときはフリーWiFiを探すようになりました。以前はお構いなくLTEでインターネットに接続していましたが、今はまずフリーWiFiを探すようになりました。

大手チェーン店などはフリーWiFiを使用できるようになってきているようですが、全体的に田舎はまだまだですね。

お店のオーナー様、フリーWiFiの導入に一生懸命になってください(^^)/

 

 

苗場ドラゴンドラ!

f:id:logicbase:20161022121145j:plain

苗場ドラゴンドラに乗って秋を満喫してきました。

 

全長5,481m、日本最長のゴンドラです。

ワイヤーは5,770m(48mmφ)x 2丸を2箇所でジョイントしているそうです。

 

さて、どのゴンドラも一定の速度で動いているのにどうして乗り場と降り場の近くになるとスピードがゆっくりになるのかというと「自動循環式」といって乗り場と降り場を1本のリング状の長〜いワイヤーが回っているだけでなく、乗り場と降り場にも短いリング状のワイヤーがゆっくりしたスピードで回っていてゴンドラがそこまでくるとメインの長〜いワイヤーを離して、ゆっくり回っているワイヤーを掴むようになっているんです。

乗り場から出発する時は、ゆっくり回っているワイヤーを離しメインのワイヤーを掴むんです。

出発時の急加速と到着時の急減速もドキドキする楽しみのひとつです。

 

片道約25分、広大な景色が楽しめます(^^)

「工場の祭典」へ行ってきました。

ちょっと前になりますが、燕市三条市周辺で開催された「工場の祭典」へ行ってきました。

まずは「鎚起銅器」という伝統技術を二百年にも渡り継承している玉川堂さん。

一枚の銅板を叩いてこんな茶器ができるなんて驚きです。

f:id:logicbase:20161007194933j:plain

工場の方もイベントTシャツを着て仕事を紹介してくれました。

f:id:logicbase:20161007195102j:plain

 

次はカトラリーで有名なLUCKYWOOD(小林工業株式会社)さんへ向かいました。

f:id:logicbase:20161007195215j:plain

一枚の材料からピッカピカのカトラリーができるまでの工程を紹介していただきました。

f:id:logicbase:20161007195117j:plain

スプーンの部分をプレスして伸ばしているところです。油でヨゴレた感じがたまりません。

動画がヨコ向きにUPされてしまいましたが、頭をヨコにしてご覧ください。

 スプーンをプレスする機械です。微妙なプレス具合はこの機械でないと出来ないそうです。(もう替わりの機械はない貴重品だそうですよ)

 

f:id:logicbase:20161007195155j:plain

40〜50工程を経てこんなにピッカピカの製品が出来上がります。

手仕事というの手間がかかりますがとて〜も価値の高いものです。

地場産業を盛り上げようと皆さんの一生懸命さが伝わった「工場の祭典」でした。

また次回も行ってみたいと思います(^^)v