Step by Step!

logicbaseのブログ

苗場ドラゴンドラ!

f:id:logicbase:20161022121145j:plain

苗場ドラゴンドラに乗って秋を満喫してきました。

 

全長5,481m、日本最長のゴンドラです。

ワイヤーは5,770m(48mmφ)x 2丸を2箇所でジョイントしているそうです。

 

さて、どのゴンドラも一定の速度で動いているのにどうして乗り場と降り場の近くになるとスピードがゆっくりになるのかというと「自動循環式」といって乗り場と降り場を1本のリング状の長〜いワイヤーが回っているだけでなく、乗り場と降り場にも短いリング状のワイヤーがゆっくりしたスピードで回っていてゴンドラがそこまでくるとメインの長〜いワイヤーを離して、ゆっくり回っているワイヤーを掴むようになっているんです。

乗り場から出発する時は、ゆっくり回っているワイヤーを離しメインのワイヤーを掴むんです。

出発時の急加速と到着時の急減速もドキドキする楽しみのひとつです。

 

片道約25分、広大な景色が楽しめます(^^)

「工場の祭典」へ行ってきました。

ちょっと前になりますが、燕市三条市周辺で開催された「工場の祭典」へ行ってきました。

まずは「鎚起銅器」という伝統技術を二百年にも渡り継承している玉川堂さん。

一枚の銅板を叩いてこんな茶器ができるなんて驚きです。

f:id:logicbase:20161007194933j:plain

工場の方もイベントTシャツを着て仕事を紹介してくれました。

f:id:logicbase:20161007195102j:plain

 

次はカトラリーで有名なLUCKYWOOD(小林工業株式会社)さんへ向かいました。

f:id:logicbase:20161007195215j:plain

一枚の材料からピッカピカのカトラリーができるまでの工程を紹介していただきました。

f:id:logicbase:20161007195117j:plain

スプーンの部分をプレスして伸ばしているところです。油でヨゴレた感じがたまりません。

動画がヨコ向きにUPされてしまいましたが、頭をヨコにしてご覧ください。

 スプーンをプレスする機械です。微妙なプレス具合はこの機械でないと出来ないそうです。(もう替わりの機械はない貴重品だそうですよ)

 

f:id:logicbase:20161007195155j:plain

40〜50工程を経てこんなにピッカピカの製品が出来上がります。

手仕事というの手間がかかりますがとて〜も価値の高いものです。

地場産業を盛り上げようと皆さんの一生懸命さが伝わった「工場の祭典」でした。

また次回も行ってみたいと思います(^^)v

久しぶりにMESHを使ってみた

会社のトイレは定員1人なので用を足したい時にトイレに行ってもBUSY状態で引き返すことがよくあります。
そこでほったらかしにしてた「MESH」を思い出しました。f:id:logicbase:20161001122756p:plain

トイレに「MOTION」をおいてヒトを検知したらLEDを点灯するようにMESHアプリでプログラム(?)します。f:id:logicbase:20161001122725p:plain

MESHアプリでMOTIONとLEDを繋ぐだけ。

f:id:logicbase:20161001122750p:plain

で、トイレに誰か入ったらデスクのLEDが点灯するという訳。

f:id:logicbase:20161001122746p:plain

 

デスクとトイレの距離が離れてるのでBluetoothがよく切れます。早々撤収しました^^;

Raspberry Pi3とWEBカメラをつないでみた^^)/

今回はRaspberry Pi3とWEBカメラLogicool HD720p)を繋いでみました。

f:id:logicbase:20160630173432j:plain

UV4L(Userspace Video4Linux framework)をインストールすると特別な設定も必要なくWEBカメラの映像をストリーミングできました。

 

インストールしたUV4Lのパッケージは次のとおりです。

$ dpkg -l | grep uv4l
ii  uv4l                  1.9.12-1
ii  uv4l-decoder          1.8
ii  uv4l-dummy            1.1
ii  uv4l-encoder          1.10
ii  uv4l-mjpegstream      1.4
ii  uv4l-renderer         1.6
ii  uv4l-server           1.1.69
ii  uv4l-uvc              1.6
ii  uv4l-webrtc           1.48
ii  uv4l-xmpp-bridge      1.10
ii  uv4l-xscreen          1.3

 

WebRTCのURLをたたきます↓ 

http://<RaspberryPi3のIPアドレス>:8090/stream/webrtc

・・・ストリーミングが始まりません(-_-;)

f:id:logicbase:20160704183417p:plain

 

画面下の緑色の「Call!」をクリックすると・・・

f:id:logicbase:20160706191607j:plain

 

ストリーミングが始まりました^^)/

f:id:logicbase:20160706191723j:plain

 

mjpegで見たい場合は↓のURLで参照します。

http://<RaspberryPi3のIPアドレス>:8090/stream

f:id:logicbase:20160706192205j:plain

試したブラウザは
Firefox 47.0.1
Chrome 51.0.2704.103(64bit)
です。

 

以上、”WEBカメラを繋いでみた” でした(^^)/

 

RaspberryPi3とSlack botを連携させてみた^^)/

Raspberry Pi3にハマってます(笑)

前回は温度・湿度・気圧データをセンサーから読み取ることができたので、今回はそのデータをSlackへ送ってみました^^)/

 

「ポッーン!」という音でメッセージがスマフォへ通知されました。

f:id:logicbase:20160629181812j:plain

 

crontabに毎分起動の設定をするとこんな↓カンジでPUSHしてきます。

f:id:logicbase:20160629184739j:plain

 

次は何しましょうか^^

衝動買いしてしまいました^^;

f:id:logicbase:20160620145425j:plain

Raspberry Pi3 Model-Bです。

WiFi、bluetuooth4.1が搭載されたんですね。
技適マークも付いています。

 

センサーも買っちゃいました^^;
温度・湿度・気圧センサー、照度センサーを接続してPythonでコードを書いてみました。

f:id:logicbase:20160620145918p:plain

↑いい感じでデータをとれました。

次はセンサーデータをクラウドへUPしてみようかな。

PC88シリーズにワクワクした頃が蘇りました(笑)

IoTが加速してます!

f:id:logicbase:20160607125648p:plain

GPS情報をはじめ、各種センサーから集めた情報をモバイル回線をとおしてクラウドへ飛ばします。

IoTでより良い未来の構築に関わっていきたと考えています!